クレジットカードには限度額が設定される

クレジットカードをはじめて作ろうとする際に心配する事の一つが、カードの使い過ぎについてです。


カード払いをしていると、たとえ一括払いであったとしても支払いは後日行う事になるので、利用状況を確認せずにカードで支払っていると、気が付いたらかなり高額となって返済する事ができなくなってしまうという事も考えられます。



そうした事態はカード会社にとっても資金を回収できないリスクとなるので、カードは好き放題利用する事が出来ないように限度額が設定されています。



例えば、カード限度額が50万円となっている場合は50万円までならば利用する事が出来ます。



カードを利用していて50万円を超える場合は支払いができなくなりますが、支払いを終えた場合はその分だけ再び利用する事が出来るようになります。

それではクレジットカードの限度額はどのように決まるのかというと、それは審査を行った際の情報を元にして個別に限度額が設定されます。

収入が多い人の方が限度額を高く設定される可能性が高くなりますが、収入が高ければ良いという訳ではなく、他にクレジットカードを何枚も持っていたり、キャッシングで借金をしているなどと言う場合はマイナス要素となって限度額を低く設定される要因となります。


また、限度額が設定されているのならば安心なのかというと、何もしないよりは支払いに支障が出るリスクは少なくなりますが、やはり自分できちんと管理ができていなければ支払いができなくなる事も考えられるので、きちんと自分でもカードの管理は行う必要があります。