クレジットカードが使える場面について

クレジットカードはどこででも使用する事が出来るという訳ではなく、自分が持っているカードのブランドと対応しているカード加盟店でなくては利用する事が出来ないです。


そういう意味では現金の役割が完全になくなるという事は少なくとも今のところはないですが、クレジットカードが使える場面は以前と比べて大分多くなっています。例えば、公共料金や家賃、病院の支払いなどもカードで払えるケースもありますし、インターネットの通販の中にはカード払いでなければ払う事が出来ないお店も一部にはあります。

また、最近ではスマホの通信料が高いという事で格安スマホが人気が高くなってきていますが、その格安スマホについてもクレジットカードを持っている事が前提となっている場合も多いです。



クレジットカードは単にカードがあれば簡単に買い物ができるという事だけがメリットだけではなく、利用する事によってポイントが貯まってお得になったり、旅行の際の傷害保険に対応しているといった様々なサービスが提供されています。

そのサービス内容についてはカード会社やどのカードを作るのかによっても変わってきますが、様々な場面で使える事からも一枚は手元に持っていた方が良いと言えます。なお、クレジットカードは出費が増えるのではないかと心配する人もいますが、きちんと考えて利用すればそんなことはないです。



まず、必用な費用として年会費が必要なケースもありますが、無料のカードを選べば出費を避ける事が出来ます。



カードで料金の支払いをする場合については後払いとなるために使い過ぎには気を付けた方が良いですが、一括払いならば手数料も取られる事が無いのできちんと管理していれば出費が増えてしまうという事にはならないので安心して良いです。