クレジットカードの限度額を知ろう

クレジットカードでお金を借りる場合、いくらでも借り入れすることができるというわけではないことは周知の事実になります。
では、クレジットカードでお金を無限に借り入れすることができない理由とはいったいなんでしょうか。

その理由の一つが、クレジットカードの返済に対する不安です。


見ず知らずの人にお金を貸す場合、簡単な審査だけで、1000万円をぽんと出してしまったとすれば、いずれカード会社は倒産してしまうでしょう。



返済が滞っているだけならまだ救いようがありますが、どこかへ逃亡してしまったり、自己破産をした場合には、担当者としても胃に穴が開くほどの悲劇になるはずです。


そこで、通常、クレジットカードには限度額が設けられています。

限度額は最初20万円から30万円ぐらいの事が多くなります。

ですが、何度も期限まで完済をしていると、しまいには限度額が上がってきます。

限度額も50万円ぐらいになり、借入額が増えるのです。されに返済を続けると次は100万円という感じで天井が上がって行きます。

最初はホームレスのダンボールで作られた家の天井ぐらいだった物が、やがて一戸建ての家ぐらいには高く感じられるでしょう。

ところが、天井知らずで限度額が上がって行くかと言えば、そんな事はありません。貸金会社の場合には、総量規制があるからです。総量規制とは、年収の3分の1以上は限度額が上がらないとしたものです。



これにより、返済不可能に追い込まれる人が減少していきました。