クレジットカードの支払いを工夫して使いすぎを防ぐ

クレジットカードによる支払いは現金を使う感覚とは違うため、使いすぎが怖くて利用しない人も少なくありません。

しかし、ポイントをおさえておけば、安全に使うことができるのがクレジットカードの魅力です。使いすぎを防止するなら、支払い方法の設定に注目してみましょう。



多くのクレジットカードで1回払いや分割払い、リボルビング払い、ボーナス払いなどの様々な手段を用意しています。

使いすぎの状態にならないために、リボルビング払いは極力避けるようにしてください。

リボルビング払いは月々の返済額が少ないため、つい使いすぎてしまうリスクがあるからです。

リボルビング払いは月々払いの一種ですが、商品ごとに設定される分割払いとは違い、締め日までのすべての利用金額に対して月々払いを設定します。

少額の定額で設定できますので、利用金額が多いほど支払い回数が増えてしまい、利息の負担が増えがちです。
使いすぎのリスクを高めてしまいますから、できるならリボルビング払いではなく、1回払いを設定しておきましょう。



カード会社の多くで後から分割払いやリボルビング払いに変更できるようになっています。



1回払いが難しいのであれば、後から変更することで、商品ごとに月々の返済額を分散することが可能です。

少ない支払い回数ほど利息が減ります。
1回払いや2回払い、ボーナス払いであれば多くのカードで利息の負担が不要になりますので、商品代金だけの支払いで済んでお得です。