クレジットカードの具体的な使い方

早い人の場合、高校を卒業した段階で親の承諾書と共にクレジットカードを所持する場合があります。
その理由は、昨今の賃貸物件というのはクレジットカードが無ければ契約することができないケースが多く、就職などの都合で一人暮らしを始める時に必要に迫られて作るためです。


こうした流れでクレジットカードを作った場合、せっかくなので日常的に使用した方が良いでしょう。



まず、カードが自分の手に渡ったら裏面に目をやり、サインをする箇所を見つけます。

サインを書かなくてもデータが入っているので使用することはできるものの、決まりとして記入しなければ効力が発揮されない事になっているので、確実に記入していきます。



そして、早速クレジットカードを持って外出してみると、これまで目につかなかった表記や看板に注目するようになるでしょう。
それは、各々のお店で使うことができるカード会社を表したマークやプレートです。カード会社のマークがプリントされているので、自分が持っている物と同一のマークがあれば、そのお店ではカード払いをすることができるわけです。

現金でお買い物をする時のように好きな物を持ってレジに行き、カード払いをしたい旨を伝えます。


すると、支払い回数が尋ねられるので、自分が希望する回数を答えれば良いです。



1回払いやボーナス払いといった方式が選択される傾向にあり、柔軟に対応できるのも現金には無いクレジットカードならではの魅力です。